2015年09月

2015年09月26日

【142日目】黄葉

047

秋分の日も過ぎ、だいぶ秋らしい気候となってきました。グリーンカーテンも黄色く色づいた葉っぱが増えいます。花壇に沿ってたくさんの花がらや枯葉が散らばって、毎朝の掃除も一苦労です。ずいぶん数が少なくなったものの「宇宙あさがお」は毎日新しい花を咲かせ続けています。まだまだつぼみもあり、今月いっぱいは花を見ることができそうです。

048

そして・・・・「宇宙あさがお」と「風船カズラ」は順調に種をつけはじめました。まもなく収穫の秋の到来です。宇宙あさがお6代目の種、来年は今年よりも多くの方々にお渡しできそうです。

nishiipr at 11:43葉っぱ 

2015年09月10日

【126日目】宇宙あさがお草木染 ~その3~

【前回】 アサガオ 絵日記:【125日目】宇宙あさがお草木染~その2~

045

宇宙あさがおの花びらを使った草木染、完成でーす! 写真右側が木綿のハンカチ、左側がコットンハンドタオルです。 ①と②は1回染めで水洗い乾燥させたものです。③と④は2回染めして焼みょうばん水溶液に浸けたものです。⑤は2回染めしてクエン酸水に浸けたもの。同じ洗液でも、素材や染める回数、洗う水溶液(媒染方法)によってこれだけ染まり方も違ってきます。本当は⑤よりも③・④の方が鮮やかで濃い色でしたが、中性洗剤で洗ったので 薄くなってしまいました。残念(涙)

046

 はい!こちらが②の木綿のハンカチをひろげた写真です。うっすらですが、豆絞りの白い模様がついています。⑤のハンドタオルも豆絞りをしましたが、こちらはタオル生地だったせいか模様が出ませんでした。ということで、宇宙あさがおの楽しみ方の一つとして草木染のご紹介でした!ご興味のある方、ぜひ試してみて下さい。

2015年09月09日

【125日目】宇宙あさがお草木染~その2~

【前回】 アサガオ 絵日記:【120日目】宇宙あさがお草木染~その1~

042

前回は生地の下処理まで紹介しました。豆乳に浸して乾かした生地は、うっすらと豆乳の色(生成り色)に染まり、ほのかに豆乳の匂いもします。さて、いよいよ「宇宙あさがお」から抽出した洗液に生地を投入します。染めムラにならないように(水面から生地が浮き出ないように)しっかり浸します。

043

漬け置くこと一晩、洗液から生地を引き上げます。どのくらい染まっているか、一番楽しみな瞬間です。引き上げた生地は色水が出なくなるまで水洗いし乾かして完成です。濃く染めたい場合は、染色→水洗い→乾燥の作業を何度か 繰り返せばいいそうです。ちょっと実験してみます。左写真は水洗いの様子です。そして右写真は水洗い後にクエン酸を溶いた水溶液に浸している様子(20分程度浸漬)です。さて、どうなるでしょう。

044

右側が水洗いのみの色、左側が水洗い後にクエン酸水に浸けた色です。ちょっとムズカシイ話になりますが、洗液の赤い色素はアントシアニンという成分で、ちょうどリトマス試験紙のように水素イオン濃度(pH)で色が変わります。酸性で赤色、中性で紫色、アルカリ性で青色になります。クエン酸水(酸性)で反応して赤色に変色しました!面白いでしょ! 次回は“豆絞り”や2回染めを行った結果をご紹介します。

続きはこちら
アサガオ 絵日記:【126日目】宇宙あさがお草木染 ~その3~

2015年09月04日

【120日目】宇宙あさがお草木染~その1~

038

今日もたくさんの花が咲いています。アサガオは一度咲いたらおしまいの一日花ですが、数を増して次から次に新しいつぼみが花を咲かせるので、何日も咲き続けているかのような錯覚を覚えます。


039

さて、「宇宙あさがお」で草木染チャレンジの続編です。前回クエン酸水溶液に花がらを漬け置きのところまで紹介していましたが、今回はその続きで・・・台所用品の水切りネットを使って花がらを搾りこします。これで草木染の染液の完成です!


040

染めるものとして、コットン素材のハンカチ2枚とハンドタオル3枚を用意しました。その中の1枚ずつは“豆絞り”という技法で染めてみます。輪ゴムでギュッと絞った部分が染液が染み込みにくくなり、白く丸い模様になる…予定。上手くいくといいですね。


041

いよいよ染色、その前にもうひと手間。染める下処理として成分無調整豆乳(水で1対1に薄めたもの)に20分程度浸します。豆乳のタンパク質により染まりやすくなるそうです。20分後、豆乳から出して水洗いとかせずにそのまま干して生地を乾かします。 

続きはこちら
アサガオ 絵日記:【125日目】宇宙あさがお草木染~その2~

2015年09月01日

【117日目】朝顔爛漫!

036

天気の良い日はもちろん、雨の日でも毎朝たくさんの花を咲かせる「宇宙あさがお」。せっかく毎日きれいに咲いたアサガオで何か作れないか・・・ということで、草木染にチャレンジしてみます。先ずは、夕方しぼんだ花を摘み取って冷凍庫に貯め置きします(左写真)。3日分ほど貯めたのち、クエン酸の水溶液にひたひたに浸る程度に漬け 置きします(右写真)。

037

2日目の様子。花びらがしなしなになって、真っ赤な色水が出来てきています。匂いを嗅いでみると、ほのかに花の甘い匂いがします。とりあえず第1段階はここまで(このままあと2日ほど放置)!

ギャラリー
  • あさがおのつるでリースづくり3
  • あさがおのつるでリースづくり3
  • あさがおのつるでリースづくり3
  • あさがおのつるでリースづくり3
  • あさがおのつるでリースづくり3
  • あさがおのつるでリースづくり3
  • どんぐりトトロ
  • どんぐりトトロ
  • どんぐりトトロ
  • どんぐりトトロ
  • どんぐりトトロ
  • あさがおのつるでリースづくり2
  • あさがおのつるでリースづくり2
  • あさがおのつるでリースづくり2
  • あさがおのつるでリースづくり2
  • あとかたづけ
  • あとかたづけ
  • あとかたづけ
節電の種
setuden

緑のカーテンには約60%の遮熱効果(室内温度最大3.8度低減)と平均30%の節電効果があるそうです。
電子書籍 あさがお絵日記
宇宙あさがおを育てましょう!
無料で配布しています
ご家庭等でご活用下さい
※フォーマット「楽天KOBO」



記事検索
Copyright © Nishii Co., Ltd.All rights reserved.